■風邪を引いても風呂に入って良い
風邪を引いたら風呂に入るべきでないとは、昔から言われてきました。
しかし、それは住宅と風呂が離れていた昔までのことです。
現在は、風呂が住宅内に設置され、室内の保温性も上がっていますね。
このため、風邪を引いても入浴は問題ありません。
それどころか、入浴には、血行促進や免疫力アップの効果があるのです。
つまり、適温による入浴は、むしろ風邪に有効であると言えます。
体の免疫は、体温の上昇によって活発になります。
そのうえ、体温が高いほうが風邪などのウイルスの働きが弱まるのです。
そういう意味でも、入浴は理にかなっています。
ただし、熱すぎる湯、長風呂、水分補給を怠るなどで、体調が悪化してしまいます。
もちろん、適温の入浴でも、悪寒や高熱、倦怠感が酷いときの入浴は、事態を悪化させるので要注意です。
目安は、体温が38度以内で、悪寒や頭痛など体調が酷くないなら、入浴しても良いといわれています。



■マシュマロの驚きの効果
マシュマロは、1個当たり6Kcalと、カロリーが低く、ダイエット中のスイーツとして効果が大きいです。
ただし、たくさん食べると高カロリーになる程度は含まれています。
また、マシュマロに含まれるゼラチンは、人間の体温か、それより少し高い温度で溶けますので、消化吸収に良いのです。
腸の働きを活発にして、その結果便秘にも効果ありです。
お肌に良いコラーゲンも豊富です。
そのうえ、マシュマロには知られざる効能があるのです。
風邪を引いた時など、喉が炎症を起こして痛む場合などに大きな効果があります。
昔は、マシュマロには、炎症を抑える薬効成分のマーシュマロウという植物を使っていたといいます。
なんだか冗談のような名称ですが、事実なのです。
現在ではその植物は使われないのですが、マシュマロに含まれるゼラチンが喉の炎症などを和らげてくれるのです。
さらに、喉の粘膜を保護する働きもあるというから驚きですね。
意外と知られていないので、多くの方に役立たせていただきたい雑学です。