697589


以前から、健康のため早朝にランニングをするという健康法が流行っていますね。
早朝は空気も澄んで心地よく、風景も一日が始まる明るい日差しで、清々しい気分になります。
ここ数年は、朝早く起きて時間に余裕を持たせ、有意義な時間を過ごす朝活にもランニングをする人が増えてきました。
日の光を浴びて体内時計も整いますし、心身ともにリフレッシュして、体力も鍛えられます。

ところがこのランニング、朝起きてすぐに行うことは危険ということが、最近分かってきました。
では、その理由と内訳を見ていきましょう。
まず人間が活動するうえで重要なものに、自律神経があります。
これには、緊張モードの交感神経と、休息モードの副交感神経があります。
これらは、どちらが大切でどちらが不要ということはなく、それぞれ状況に応じて切り替わるようになっています。
ただし、この自律神経は、電化製品のスイッチのようにすぐに切り替わるものではありません。
朝に起床後、洗顔や歯磨き、身支度などをしているうちに、徐々に交感神経が働きは始めるのです。
そういうわけで、起床後すぐのランニングは、まだ休息モードの副交感神経が半ば働いた状態なので、身体に負荷をかけることになります。
そのうえ、もしも起きてから水分補給をせずにランニングをしたなら、血液の濃度が濃いため、血圧が上がり、心臓に大きく負担がかかります。
午前中は、血栓による脳卒中や心筋梗塞のリスクが高いと言われ、これもおおむね血液の濃度が原因です。
さらに、起床後すぐの運動は、温まっていない筋肉に負担となり、怪我をしやすいです。
起床後は免疫力も低下しているので、割と細菌にも感染しやすいというデメリットもあります。

ちなみに、どうしても早朝にランニングをしたい場合は、睡眠中の寝汗で失った分の水分補給(コップ1~2杯分)と、起きてから1時間程度時間を置くようにするとリスクも大幅に減ります。
ランニングにある程度エネルギーも必要なため、その前に軽めの食事もしておくと、パワー切れのめまいも予防できます。
ただし、普段通りの朝食後にランニングをすると、消化の妨げとなります。
たとえばバナナのように、ランニング用に消化の良いものを軽く食べておけば大丈夫です。
早朝の運動やランニングそのものが危険なのではなく、工夫次第で健康に役立つのです。

最後に、朝ではなく、夜のランニングはどうかというと、疲労回復が早まる、寝つきが良くなる、ストレス解消などに効果的です。
このように夜のメリットは多くあり、デメリットも早朝ランニングに比べると少ないので、健康のためにランニングを考えている人は、夜も考えておくのもひとつの手です。