859749

野菜や果物のジュースで、一部の栄養がとれないということをご存知でしょうか。

野菜ジュースは、その製造過程で、濃縮や殺菌を目的とした過熱が行われるため、熱に弱いビタミン類は失われてしまいます。
水溶性のビタミンCは特に熱に弱く、不溶性のビタミン類は比較的熱に強いといいます。
また、食物繊維も、水溶性と不水溶性の二種類があり、後者は水に溶けにくくジュースの口当たりが悪くなるため、搾りかすとして捨てられているといいます。
これだけでも、野菜を食べることとは違うことがお分かりいただけるでしょう。
メーカーも、栄養摂取としては、補助的に飲んでほしいと認めています。
ただし、ビタミン類が後から添加されているものは、栄養補給にはなります。

売られている野菜ジュースや、果物ジュースなど、健康志向の飲料でありますが、そのほとんどは濃縮して、海外から粉末やペースト状で輸入されます。
熱で水分を飛ばし、濃い状態にしておけば、輸送コストも抑えられ、消費期限も生ものよりも保存がきくためです。
それを国内で、水分を加えて還元したものが、濃縮還元です。
濃縮還元で、国内製造の表示がある場合、海外から輸入したものを国内で水を加えて薄めたものを言う場合が多いです。
濃縮還元や加熱殺菌がなされているかは、そういった表示があるのでパッケージを見れば分かります。

ただし、熱に強い栄養素も中にはあり、野菜由来の栄養素がふんだんに入っているのですから、栄養が全くとれないわけではありません。
野菜(果物)そのものを摂りたいなら、ストレートかスムージーの表示の飲料がベストと言えます。
また、食物繊維は体そのものには不要ですが、腸内を整え、腸内細菌のエサにもなりますから、無くてはならない栄養素です。

自然そのままの製品も、またはビタミン類の添加されているものも、栄養の成分の項目に、ビタミン類やミネラル類が豊富に表示されていて、食物繊維も表示されていれば、それがベストです。

いずれにしても、野菜も果物も健康や美容に欠かせない栄養成分が含まれますので、ストレートもスムージーも、飲料も、「偏らずにバランスよく」が一番なのです。