2d340440cf895263c316a18496af4fb9_s

「人間の脳は普段10%しか使われていない」という説があります。
または、10%ではなく、5%だったり3%だったりと、考え方や説にもよりますが、聞いたことのある人も多いと思います。
それにより、「残りの90%の脳を開放すれば、天才になれる」または「超人的な力を得られる」というアイディアがあります。
もちろんこの考えは、創作の中の話です。
それでも現実的に、残りの90%の脳を活用したいと思う人も多いらしいですね。

しかしこの考えに「待った」がかかっています。
そもそも、脳の10%説には、3つの起源があります。
1つめは、天才物理学者アインシュタインの語った言葉です。
「人間は潜在能力の10%しか発揮されていない」
というものでした。
しかし実際には、
「努力に努力を重ねれば潜在能力を引き出せる」
という、努力による根性論として語られたことでした。
2つめは、19世紀に行われた動物実験です。
動物の脳に刺激を与える実験で、いかなる刺激にも反応を示さなかった領域が発見されました。
しかし最新の研究により、この眠っている領域は意図的に目覚めさせることができないと結論づけられました。
これは、脳のある部位が損傷したときの予備として、普段使われていなかったのです。
3つめはグリア細胞という脳細胞です。
これは脳の90%程を占めているにもかかわらず、神経伝達を行っていなかったため、脳は90%が未使用であるという憶測がまかり通ったのです。
しかし、最新の研究により、この細胞も、他の神経伝達の補助をする働きがあることが判明しました。
よくよく考えてみれば、普段本当に脳の10%しか使われていないのなら、病気や事故などでちょっと脳が損傷しただけでは問題ないということになりますよね。
少なくとも、リハビリで普段使われない90%を目覚めさせることができるはずです。

人間の脳は、五感の認識、記憶、言語、イメージ、計算、思考、など、脳の主に活動する部位が決まっています。
しかし、その部位だけが活動するのではなく、他の部位とも連携をして働くのです。
1度に100%フル活動はしないまでも、それぞれの場面や局面に応じて、連携や活動を変えながらも、どの部位も使われます。
脳に無駄な部分は無いとも言えるんですね。