723389

梅雨の時期の花の雑学です。
このような季節は、ジメジメとした嫌な気候が続き、体調も損ないやすくなります。
ですが、ある花を見ると気分も晴れやかになるでしょう。
梅雨の時期もあと少しだと実感できる花があります。

その花の名前は「立葵(たちあおい)」です。
この花は、5月から8月にかけて鮮やかに咲きます。
色も白から淡い赤色もあり、日本的な色の花です。
花の大きさは大きく、子どもの手のひらサイズと言えます。
また、花の咲いている部分が特徴的です。
初めに咲く場所が大人の腰くらいで始まります。
そうして何日か進むと、いつの間にか肩くらいに花が移動しているのです。
そんな所が「立葵」の名称の由来です。
何日かの間に花の位置が変わっていくので、成長している事も感じれます。
「立葵」は見ているだけでも面白い花です。
その変わりようが、梅雨が後少しだと知らせてくれます。
それは、本番の夏になると花が茎の一番上で咲くからです。
徐々に登っていく花を見ると、あとどの位で夏になるか解ります。
また、そんな「立葵」の花は下から上に咲いていくので、こう呼ばれることもあります。
「人を向上させるお花」だと。
昔から、「立葵」の花は親しまれていました。
花を移動してつける姿が気に入って、「立葵」の花をこよなく愛していた人物もいます。
それは「立葵」の葉を3つ揃えて見ると、ピンとくる人も多いでしょう。
その形が物語っていますね。
江戸時代から幕末にかけて300年余り続いた有名な家紋の形です。
そう、その家紋は徳川家の「葵の御紋」です。
この葉を見るだけでもパワーを感じますね。
「葵の御紋」は諸説あり、「立葵」ではないとの見解もあるようですが、おおむね正しいのではないかと言われます。

そんな古くから愛される「立葵」の花は、梅雨時に咲き始め、徐々に美しさを増していきます。
そうして茎と共にぐんぐん高く成長します。
そのため、成長過程を写真に納めればいい課題研究にもなりますし、それまで知らなかった成長具合も楽しめます。
このように見ていくと、今までとは少し違う梅雨の季節が始まるのではないでしょうか。
ジメジメして嫌な梅雨も楽しくなること請け合いです。
まさに、花が登っていく様は梅雨にふさわしく、茎の上の見事な花は夏にふさわしいのです。