ネットでの詐欺について、注意を呼びかけたいです。
自分は、ネットで騙されたことがあります。

今回、詳しい内容ではなく、ネットでの詐欺の手口にどういうものがあるのか、いくつかまとめておきます。
(かなり長文失礼します)

自分のように騙されないように、みなさんに注意を呼びかけます。
騙される馬鹿がいるから、詐欺師も後を絶たないのだ。
そう思う人もいるのではないでしょうか。
しかしちょっと待ってください。
相手は、どういう信念やプライドがあるのか、稼ぐために、真剣に、本気で実施しています。
多額の費用をかけて広告を出しています。
さらに、人間の心の隙をつく、人間の心理を悪用する手法を使うのです。
それは、人の悩みを利用し、それにつけこむ手法です。
相手の話を信じたくなる。
大金でも、お金を払いたくなる。
払わずにはいられなくなる。
そういう、心理を巧みに誘導する手法があります。
人間が、悩まない生きものなら、問題はないのです。
しかし、そうはいかないことが詐欺師には都合がいいのです。
自身の経験で思い知りました。
そこから詳しくネットで調べて、経験は偶然ではなく、必然という確信を得ました。

以下に例を挙げます。


■情報商材(有料情報教材)
大げさな誇大広告をこれでもかと見せられれば、その宣伝の一部は真実なのではないかと思い込むようになります。心底、悩みがあって、検索をかけてやっと見つけた情報。広告の宣伝を信じたくなってしまいます。
いくら悩みを解決したくても、うまくいかなかったり、ネットでも書籍でも、解決法がないため、誇大な宣伝を信用したくなります。
(もちろん自身の経験より)

その分野で悩んでいない人には、どうしてそんな見えすいた眉つば物に手を出すのか理解できないのでしょうが、騙される人は、冷静な判断もできないほど深く悩んでいる場合があります。
相手はそこにつけ込むのです。
情報商材の内容が、高額な割に、誇大広告とはあまりにも違うという恐れが限りなく大きいです。
中には、古い情報を、あたかも最新の画期的なノウハウであるかのように宣伝しているケースもあるといいます。
もちろん、情報商材が全て詐欺とは限りませんが、詐欺の割合は非常に大きいです。

※自分が騙されたのは、天才脳開発パーフェクトブレインというものです。
1日3分で誰でも天才脳になるというもの。49,800円。
実際は3分どころか、計画を立て、日々コツコツ努力して取り組むための、集中するための工夫に過ぎず。
毎日の努力が必要で、頭が良くなるものでもありませんでした。
頭の働きが悩みの自分には扱いようもありませんでした。
効果があるかどうかはさておき、画期的な内容らしいし、数分なら忙しくても毎日取り組めるだろうという自分の考えは、内容と時間両面から裏切られました。


■無料モニター(無料オファー)
無料で、素晴らしい画期的なノウハウを教えます。
まずはメールを登録してください。
(1日たったの○○分、○○○するだけで、○万円稼げます! まずは無料申し込みを! などが有名です)
・・・こういう手合いはかなり注意が必要です。
その分野に強く興味のある人や、深く悩みのある人を、見込み客と言います。
そういう人たちに、無料の動画を見せて信用させる手法です。
メールに添付されたURLから、日ごとに動画を1つずつ見せる形式は注意が必要です。
(実際には口裏を合わせたインタビューや、ストーリー仕立てのセールス動画です)
成功者の声、インタビュー形式の主催者の説明のいずれかで、動画内でそのノウハウの内容を明かさない場合、詐欺の恐れが大きいです。
不安を煽ったり、期待を高めたり、中身を明かさずじらして気になるように仕向け、これで稼げないはずはないんです、と、真顔で熱く語りかける動画は、動画内に有益な情報がないなら、見るだけ無駄です。
(稼ぐ系以外にも、もちろんこのような手法があるそうです)
閲覧者にサイトに感想を書き込みさせ、何かイベントに参加していると認識させる、コミュニティ心理。
動画内の出演者が、なんらかの権威のある人物であるように装う、権威性で信用させる。
人の心を共感させやすい、ストーリー(実話か実話形式の作り話)で語る。(体験者の声も含む)
中身を明かさないで、じらして、気になるように仕向ける、じらし。
顔出し動画は、セールスレターよりも信用されやすい。
今だけの情報ですとか、今だけこの価格ですと、希少性を演出して強く関心を起こさせる。
こういう、人間の強い興味関心の心理トリガーを引く巧みな心理の悪用があります。
また、「ここまでいくつも動画を見たんだから、せっかくだから信じてみよう」という考えにもなってしまったのは、僕だけでしょうか。
ネットを調べても自分には見つけることができませんでした。
が、これも行動に移させる心理テクニックではないでしょうか。
そうして、最終的には、動画形式の高額塾か、高額な情報商材の販売が待っています。
高額な割に、期待した内容ではなかったという可能性が大きいです。
中身が薄いかどうかは、それぞれ違いがあるらしいです。

※自分が騙されたのは、ネット出稼ぎ大富豪の教えというネット上の動画形式の講義です。
中身は、プロダクトローンチというマーケティング手法でした。115,000円。
初心者でも確実に短期間で稼げる。指示に従ってキーをカタカタ叩いているだけで良い。
というセールス動画とは、実際はまるで違いました。
指示もないし、失敗しながらも学び、スキルや経験も、センスも必要です。
また、いくつかの心理トリガーは、その『プロダクトローンチ』より学びました。
心理のトリガー以外にも、感謝と信頼で継続する内容で、プロダクトローンチは素晴らしい内容でしたが、簡単に確実に誰でも稼げるものではありません。
悪用、騙すことはしないでくださいと、そこでは述べられていましたが、騙す手法で売られていました。
稼ぐ必要に迫られて金銭を払った自分も、皮肉なものです。
騙すにも相当、費用や労力、時間が必要らしいと、ネットで調べて知りました。
しかしそれでも、自分はそういう輩には共感できません。
そこまでして稼ぎたいとは思いません。どんなに貧しくとも。


■補足
悪質なものは、いずれの場合も、書店で買える書籍の内容と同程度のものが高額で販売されていることが多いようです。
情報商材や、無料オファーが、全て詐欺とは限りません。
しかし、少なくとも全体の9割以上は、誇大広告の割には中身が薄いと聞いたことがあります。
たとえば、商材の内容が素晴らしいものでも、「初心者でも短期間で確実に稼げる」という広告を信じて購入したらどうでしょう。
本格的すぎる内容、失敗しながらも学び、少しずつ進んでいくのです。
だなんて、初心者ではなく中級者以上になる必要があり、各分野のセンスやスキルも問われるならば。
再現性は個人差ということになります。
お金に困っていて、すぐに稼ぐ必要に迫られている人には、その商材(有料教材)に価値は感じられません。
情報化社会の現代、たいていの情報は、書籍やネットで手に入ります。

だから、『ネットの情報商材を購入する場合、大金をドブに捨てる覚悟が必要です』
・・・ネットで、そう書かれているのを見たことがあります。
ただし僕は、騙されてからそこに気付いたので、遅かったのです。

正しい情報は、ヤフー知恵袋などの質問サイトで質問し、回答から見抜くことがおすすめです。
しかし、回答者の中にはサクラも存在します。
宣伝と実際の中身がまるで違うのに、「この商品は素晴らしい内容です」といった回答も、実際自身の目で見かけたこともあります。

皆さんも気を付けましょう。







■おまけ
新聞やテレビの宣伝もちょっと怪しいですね。
詐欺とは言えないかもしれません。
しかし、ちょっと例を挙げてみたいと思います。

・例えば、ある新聞の広告欄には、賞状書士の資格取得について記載されていました。
自宅でも確実に稼げる副業と明記されていました。
ですが、ネットの質問サイトや他の情報によると、賞状や書状などは、データさえあればプリンターで誰でも印刷できるので、需要が少ないそうです。
しかもここ最近ではなく、ずっと以前から。
趣味のついでという考えなら、そこそこ稼げると言えるのだとか。
もちろん、学校や企業などに営業に出向いて仕事をとっていく努力も必要です。

・英会話のスピードラーニングについて。
英語がスラスラ会話できると、一時期テレビコマーシャルで宣伝していました。
体験者の声も取材されていて、素晴らしいプログラムみたいに感じますね。
しかし、やはりネットの情報では、聞き取るリスニングの練習には最適ですが、英単語や文法の理解、筆記は、別に勉強が必要とのことです。
信頼できる情報元(その教材をアフィリエイトしていない評価サイト)によると、英語を聞き流すだけで上達するのは、最低でも中級者レベル必要とのことです。
上達するのは嘘ではないようです。初心者は無理そうですが。

・他のテレビコマーシャルも、体験者の感謝の声が気になります。
(個人の感想です。効果を保証するものではありません。と小さく付記されるあれです)
例えば、サプリメントでは、薬効を明確に謳うのは薬事法に違反するため、この体験者の声の形式をとるのでしょう。
体験者の声などのストーリー(実話か実話のような作り話)は、人の心の共感を呼びやすいです。
また、効果的な次の段階で、今だけこのお値段、数量限定という、希少性で冷静な判断を少し奪うのも気になります。
実際に、いつ見ても同じコマーシャルを流していて、数量限定が大量にあるんだなと感じる商品もままあります。
さらに、飲み合わせの注意点があるのか、無いのでご安心くださいなのか、そういう情報もなくいきなりその場で電話購入を持ち掛けるのも、いかがなものでしょうか。
プラスの効果も含め、メリットしか存在しないものがこの世にあるのでしょうか。
もちろんほとんどの人が、ちょっと大げさで怪しいとは感じるでしょうから、おおむね問題はありません。
ただし、毎日毎日、自身のことで深く悩み苦しんでいる人は、結構購入してしまう人もいらっしゃるようですね。
それで効果が無かったら、次々新たなものを購入するという具合です。
そういう人を馬鹿らしいと思う人は、その深い悩みを知らないだけで、万が一いつか同じ立場になったときに、同じ過ちを犯す可能性は捨てきれません。
良い商品を売りたいという企業も、もちろん多くあるでしょう。
言うまでもなく、購入した商品が良い商品だったということも、中にはあるでしょう。
しかし、じわじわ利益の伸びる商品だけでは経営が大変と、少し大げさな宣伝も仕方ないのだと、相手の立場も理解できればより良いと思います。